お電話でのお問い合わせは各店舗に直接お願い致します。

川越店

坂戸店

和光店

所沢店

飛騨の家具

カリモク

岩谷堂箪笥

シモンズベッド

サータベッド

お問い合わせ
WEBチラシ

ホーム > 北海道民芸家具

北海道民芸家具

北海道家具

環境に配慮された無垢材を多用し、木そのものの持つ強さと自由度の高い使い勝手、色彩や配置などへの繊細な配慮がされた、長く使える良質な家具。
無垢材を家具の材料として使用するには、1~2年くらいの天然乾燥をさせて、含水率【木材に含まれる水分量の比率】をできるだけ落とします。
それだけでは適正な水分を抜くことはできませんので、2~3週間かけて人工乾燥させ適正な含水率に調整されます。
このあと、パーツごとの寸法だし、きれいな木目の選定、各パーツの細かい加工組み上げ作業、サンドペーパーでの磨き、細かい調整作業、塗装作業と行いひとつの家具が出来上がります。
一つ一つの工程の中にも細かい作業があります。
例えば、塗装をするための工程としては、8工程あります。
研磨⇒着色⇒下塗り⇒研磨⇒捨て塗り⇒仕上げペーパー⇒カラーリング⇒仕上げ塗り
このような手間をかけて木目に塗料をしみこませ、自然の木目を消さないように慎重に作業し、木目と塗装の色バランスがよくなります。

素材感をデザインする

木・鉄・ガラスなど、物をかたち作るには、それぞれに独特の持ち味があります。
一般的なイメージで考える時、”木”は優しく、”鉄”は強く、”ガラス”は透明。
でも、深く追求していくと、それぞれに簡単には言い表されない微妙な側面があることがわかってきます。
我々が取り組む素材は”木”。
手に暖かく、人に優しい素材であることは確かです。
しかし、これがなかなかの曲者で、割れたり、反ったり、決して簡単に人の言うことを聞いてくれません。
何十年、何百年もの間、大樹として生きた命が宿っているのでしょう。
どんなに小さな木片になっても頑とした存在感があります。
初夏の爽やかな緑の風の中で、真冬の凍てつく大気の下で、
そんな木と付き合いながら、木の持ち味を可能な限り引出したコーディネートをすること。
- 素材感をデザインする -
それがインテルナかわはたのテーマです。

職人の声

大自然に育てられた木を素材に、家具という人間の暮らしの道具を作るをモットーに
一人一人にあった贅沢な一品を真心を込めて作ってます。
『100年かけて育った木は、100年使えるものにしたい。』
『木が育った時間と同じほどの耐久性を持つものを作りたい。』
『百年後の世代にも残せるものをつくり、作り手の軌跡を残し認めてもらいたい。』
このような思いをもった職人たちが、日々、北海道家具を作っているのです。

おすすめ商品

収納2点セット
洋服
W:120 D:55 H:188 単位(cm)
兼用タンス
W:105 D:45 H:188 単位(cm)
材質:ナラ材
色:薄茶
売価:458,000円(2点セット)

収納2点セット
洋服
W:110 D:55 H:188 単位(cm)
兼用タンス
W:100 D:45 H:136 単位(cm)
材質:ウォールナット材
色:薄茶
売価:398,000円(2点セット)

整理タンス
W:101 D:44 H:133 単位(㎝)
材質:ナラ材&ウォールナット
色:薄々茶
売価:108,000円
サイズ違い
W:86 D:44 H:133 単位(㎝)
売価:98,000円

ローチェスト
W:118 D:44 H:82 単位(㎝)
材質:ナラ材&ウォールナット
色:薄々茶
売価:98,000円

洋服
W:127 D:56 H:185 単位(㎝)
材質:ナラ材
色:茶
売価:163,800円

スーパーチェスト
W:99 D:44 H:185 単位(㎝)
材質:ナラ材
色:茶
売価:185,850円