お電話でのお問い合わせは各店舗に直接お願い致します。

川越店

坂戸店

和光店

所沢店

飛騨の家具

カリモク

岩谷堂箪笥

シモンズベッド

サータベッド

お問い合わせ
WEBチラシ

ホーム > カリモク

カリモク

お客様に心から満足していただける椅子ってなんだろう?

椅子選びの基準はさまざまです。
機能、価格、耐久性、デザイン、そしてもちろん座り心地。
椅子は寝具と並び、人生の大半を共にする大切なパートナー。
そこで、椅子の果たすべき役割、求められる要素についてもう一度考えてみました。

その結果、たどり着いたキーワードが“健康”。

カリモクは、機能性や耐久性など従来の要素に加えて、『プラス健康』を提案します。

快適に座れる椅子は、からだにやさしい。
椅子について考えることは = からだについて考えることでした

座っていると腰が痛かったりしませんか?

『座る』は『立つ』より疲れる!?

立っていると疲れるから座る、でも座っていると腰が痛くなってしまう。
楽なはずの姿勢でからだに支障をきたしてしまうのは、どうしてなのでしょう?
人間にとってもっとも心地よいのは、無理をしていない状態。
心もからだもリラックスして、あるがままの姿でいること。
椅子がくつろぐための道具であるとするならば、人間本来の姿=自然体という要素を中心に据えなければ、座り心地のいい椅子は誕生しえないのです。

カリモクが『座り心地のいい椅子』についてさらなる研究をしてみようと考えた理由は、実はこんなシンプルな疑問がきっかけでした。
これまで何万脚もの椅子の開発・製作に携わってきたわたしたちは、いわば椅子づくりのプロ。この疑問に答えを出すことはわたしたちの責任であるととらえました。
そこでまず取り組んだのが、『人間のからだを知ること』でした。「座ると骨格はどうなる?」「血流は?」「酸素の消費量は?」「心拍数は?」あらゆる角度からアプローチした結果、到達した答えが、『人間のからだは立ち姿勢こそが自然な姿勢である』ということでした。言い換えれば、『座ることは不自然なことである』ということです。

日本人は欧米人より腰痛になりやすい!?

研究を進めるうえで重要視したもうひとつのポイントが、日本人と欧米人との違い。
椅子というものはもともと欧米人が作った道具です。欧米文化のもと、欧米人のために作られた道具を、そっくりそのままの形で日本人が使うことには無理があるのかもしれません。なぜなら、欧米人と日本人では体格に大きな違いがあるから。
例えば骨格。骨の数はどちらも同じですが、大きさは違います。背骨と背骨のクッションの役割を果たしている椎間板も同様で、数は同じでも欧米人の方が大きいのです。実はここに大きな問題が・・・。
人間は長時間無理な姿勢で座っていると椎間板に負担がかかり、ひどくなると椎間板ヘルニアなどのトラブルを引き起こします。もともと椎間板が大きい欧米人に比べ、椎間板の小さい日本人は少しの負担でもダメージを受けやすいのです。
ということは、日本人こそ椅子にこだわり、自分たちのからだに合ったものを厳しく吟味する必要があるのではないでしょうか。
脚の長いスラリとした椅子は確かにスタイリッシュではあるけれど、日本人が心地よく座るための椅子の形が必ずあるはず。

時には背のびもいいけれど、そろそろ自然にかえろう。

座ることが不自然なことなのであれば、限りなく自然に近づけよう。欧米スタイルの椅子が合わないのなら、ジャパニーズスタイルの椅子をつくろう。
目指すべきところは『からだへの負担が限りなく小さく、自然体でいられる椅子をつくること』。これこそがカリモクの掲げるセオリーです。

カリモクが愛され続ける理由

独特のシート&もたれ形状が体にやさしい快適な座り心地を実現します。
理想的な座り心地に必要な条件はさまざまありますが、特に重要なのは2つ。
まず、『からだへの圧迫が軽減・分散していること』さらに、『背骨が正しく、腰部が程よくサポートされていること』が大切です。
つまり、座った時に体圧が分散し血流を妨げず、背骨のラインがSの字になることが重要です。

DINING&DESK CHAIR

エルゴノミクス(人間工学)から生まれた必然のデザイン

立ったときの背骨のラインの平均値から割り出した背もたれの角度や、腰や背骨の部位をサポートする構造により、理想的な姿勢と優れた体圧分散を実現しました。

SOFA

理想的な姿勢で座れ、体に負担をかけない
独自のモールドウレタンクッションを採用

人間は立っている時より座っている時のほうが腰に負担がかかります。そこで、 耐久性の高いモールドウレタンを一歩進めて、ニューモールドフレックス&モールド ウェーブというカリモク独自のクッションで、『座り心地がいい』 『長く座っても疲れづらい』 『クッションが経たりづらい』を実現しました。

ただ、エルゴノミクスにすべて頼るのでは無く、たくさんの人に座ってもらい批評を聞く そして、その声をもとに修正する。 非常に手間とコストがかかりますが、 カリモクの椅子は『座り心地がいいね』と言われるのは、そこに理由があります。
是非、お店で体感してみて下さい。 値段以上の価値に納得できます。

カリモクの座り心地研究の椅子認定マーク
Ergonomic Intelligent System

基準値をクリアした商品にのみ、認定マークがついてます。
『座り心地研究の椅子』の中でも、最新のエルゴノミクスにもとづいて定めた7つの項目「官能検査」 「官能評価」「人体寸法計測」「体圧分散測定」「骨盤傾斜角測定」「血流測定」「着座姿勢角度測定」すべてにおいて適正な基準値を保っていると認められた商品については、「座り心地研究の椅子」のBEST OF BESTとしてカリモクオリジナルの認定マークがついてます。
注1 モールドウレタンクッション
モールドウレタンは、はじめから造りたい形を型どった鋳物を作り、その中にウレタンの液を流し込み発砲させて 形を作る製造方法の一つです。手間とコストをかけて造るモールドウレタンは型くずれがおきにくく、反発性も 低下しにくいと言われ品質の維持や弾力、耐久性やフィット感に優れています。 一般に使われるスラブウレタンと言われる大きなスポンジを必要な形に切り出すものは、気泡も大きく密度が 低く荒い印象を受けます。

カリモクはこうしてつくられる

インテルナかわはたで取り扱っております
※写真をクリックで拡大、詳細表示します。